YOUR TELEPHONE-SEX IS GOOD

YOUR TELEPHONE-SEX IS GOOD
あなたのテレフォンセックスはすばらしい。

その「すばらしい」は、あなたがするテレフォンセックスがすばらしい、ということのみを意味するのではなく、相手となる女性がするテレフォンセックスもまた同時にすばらしいということも指すのですし、それはすなわち、あなたと女性という二人の間で発生するテレフォンセックスがいつでもすばらしい、ということを意味する「すばらしい」でもあるわけです。

世の中には「善い○○」と「悪い○○」というような善悪の区分で分ける言い回しがありますが、テレフォンセックスに関しては「いいテレフォンセックス」も「わるいテレフォンセックス」もなく、ただひたすらに「すばらしいテレフォンセックス」だけがあるのではないか、と、テレフォンセックスをプレイして法悦の彼方にある最中、そのように感じられる瞬間が確かにあります。

テレフォンセックスという行為、それ自体がそもそもすばらしい、ということなのだと思います。

テレフォンセックスというのは、言ってしまえば、「する必要がまったくないもの」であり、「だれの役にも立たないもの」であり、「世間的に評価されることがないもの」であり、「自分を成長させることがないもの」でもあるわけです。

いわば完全なる無為の運動であるテレフォンセックスに対して、役に立つ効率的な行動のみを求める「無駄」を排除しようとする社会は厳しい態度をとるでしょうし、「なぜ、テレフォンセックスなどを?」という疑問とともに、ひどい場合には蔑みの眼差しを向けられることもあるでしょう。

しかし、「する必要がない」テレフォンセックスだからこそ「やる」のであるし、「だれの役にも立たない」テレフォンセックスだからこそ「やる」のであるし、「自分を成長させることがない」テレフォンセックスだからこそ「やる」のであって、そこには「打算」や「利害」、「損得感情」を超えた何かが発生するわけです。

不毛なテレフォンセックスが産み落とすもの

だからこそ、テレフォンセックスという行為に対しては「すばらしい」という言葉がふさわしいのですし、そんな不毛で何もないテレフォンセックスを繰り返し行う「あなた」、その場かぎりで消滅していく快楽に耽溺し、持ちうる能力のすべてを総動員して命がけでテレフォンセックスを行い、成長に背を向けていく「あなた」の強靭な意志、快楽原則への奉仕の姿勢も、また同様にすばらしい。

テレフォンセックスは、国家に貢献するための「繁殖」を否定しながら、「誰かと誰かがひっそり愛しあう」という純粋な地点にいきなり立つところからすべてが開始されます。

テレフォンセックスをしあう見知らぬ男女の回線は、「闘争」という名の不可視の月を孕むことになり、「繁殖」のためではない「無垢な子供」がそれぞれの身体に産み落とされ、そして、みずからが産み落とした子供そのものと化した男女が、テレフォンセックスという「遊戯」の車輪を回転させる。

この地球上に生命を授けられた「あなた」が、いま、この瞬間に「テレフォンセックス」を選択しているということ、「テレフォンセックス」をプレイしているということ、その勇気のある決断と、圧倒的な事実、そして、およそ言語でもっては説明不可能な全身的な快楽に対して、私は諸手をあげて「すばらしい」と言いたいし、あなたという存在のすべてを肯定し、これからおこなわれるテレフォンセックスに祝福を捧げたいと思います。