テレフォンセックスの準備を!

テレフォンセックスの準備を!

テレフォンセックスをする場合は、相手が生身の女性である、ということを常に意識して、「相手と対話をしている」ということを念頭におきながら丁寧にプレイするようにしてください。

テレフォンセックスは基本的には言葉だけでのプレイとなるので、可能な限り慎重に伝えるようにしないと、相手の女性に誤解を与えることにもなりかねません。

女性は単調で下品な言葉で興奮するということがあまりありませんから、ロマンチックでおしゃれな言い回しなども存分に駆使しながら、声と言葉だけでイケメンとして振る舞うことによって、相手の女性にときめきを与えていく必要があります。

相手の女性の性的な興奮がなければ、テレフォンセックスというものは味気ないものになってしまいますから、普通にセックスをするとき以上に、相手の女性をエスコートしていくコミュニケーションが重要になってきますし、自分だけが気持ちよければよい、というような態度はあまり望ましくありません。

言葉で相手を傷つけるようなことがあったり、意思疎通がうまくいかずにギクシャクとした会話になるようであれば、気持ちいいテレフォンセックスになることは難しくなるでしょう。

実際のセックスの場においては強姦という行為は決して許されることではありませんが、それと同様に、テレフォンセックスにおいても相手の女性の人格や尊厳を踏みにじるような強引なプレイ、テレセク強姦と呼ばれるようなプレイは避けるべきでしょう。

もちろん、テレフォンセックスにおける「イメージプレイ」などの遊び方で、シチュエーションとしての「強姦」というものを、お互いの了解の上で「和姦」として「演じ切るように」行うのであれば問題はありませんが、あくまで「シチュエーション」を演じているということを忘れてはいけません。

テレセクは限りなく入念に用意周到に

テレフォンセックスのプレイ中に、いきなり通話を切るのもマナー違反です。

テレフォンセックスのプレイ中に、自分だけが非常に気持ちよくなっており陶酔するような状態でいるときに、相手に電話をとつぜん切られたとしたらどうでしょうか?

それは決して気分のいい出来事ではありませんし、受話器と陰茎を片手に宙ぶらりんになったような気持ちで取り残されることになるでしょう。

プレイ中に何も言わずに回線を切ってしまうと、相手となる女性はテレフォンセックス自体が嫌いになってしまうということもありえます。

思うようにいかないテレフォンセックス、あまり気分が乗らない、気持ちよくないテレフォンセックスになる場面もあるかと思われますが、その際は、テレフォンセックスを穏やかに中断して、相手の女性に落ち度がないということなどを説明しながら、ゆっくりと棘のない会話でツーショットを終わらせていくなどの配慮がほしいところです。

また、個室テレクラではなく無店舗型テレクラでテレフォンセックスを楽しむ場合は、利用する携帯端末の充電に関しても充分な注意を払う必要があります。

テレフォンセックスには「即ヌキ」と呼ばれる短時間のプレイもありますが、ある程度の時間をかけてじっくりと行うことによって性的興奮を高めていくようなプレイを行う場合は、お互いの興奮がピークをむかえつつあるなかで携帯の充電が切れてプレイが突然中断されるということも起こりかねません。

テレフォンセックスに関しては「相手の女性に優しくしすぎてもしすぎるということはない」ということと「準備しすぎてもしすぎるということはない」ということを忘れないようにしましょう。