テレフォンセックスは色褪せない

テレフォンセックスは色褪せない

「テレフォンセックスとはこのようなものだ」という固定化、ステレオタイプへの安住とともに、テレフォンセックスはその輝きを失い、ゆっくりと退屈なものになっていきます。

一方、毎回のテレフォンセックスで、何か一つでも新しい経験を得ようとするとき、テレフォンセックスという女神は、最初に微笑みかけてくれたときの、人を魅了する艶やかな美貌を保ちながら、よりエロく、より美しい表情を見せてくれるものでもあります。

特別な試みをするかしないか、というより、一見似通っているように感じられる毎回のテレフォンセックスから、「一回きり」の、その場限りのテレフォンセックスが立ち上がってくる生起の瞬間を敏感に感知し、咀嚼する能力を持つことが、何よりも重要かもしれません。

毎日同じ道を歩いていても、目線次第では、違う何かを発見することが可能ですが、それと同じように、テレフォンセックスに関しても、「毎回が違う体験なのだ」という眼差しを向け、プレイごとの差異を感受することで、飽きるということがなくなります。

テレフォンセックスで自己を知る

もちろん、特別な新たな試みを導入する、というのが重要ではないというわけではありません。

自分に似合うかどうかわからない服を着るときのように、興奮できるかどうかわからない性癖を試してみることによって、テレフォンセックスに新たな風を吹き込むことになるでしょう。

人は、思ったより自分のことがわからないものです。「自分の性癖はこれなのだ」という思い込みとともにテレフォンセックスの幅を狭めてしまうのは考えものです。

テレクラには様々なチャンネルがあり、そこには、自分の予想を超えたようなプレイが提供されている番組もあることでしょう。

そんなとき、「もしかしたら、自分にはこのような一面もあるかもしれない」と判断し、新たな性癖にチャレンジしてみる開拓精神を持っていたいものです。

テレクラの女性という他者と出会うことにより、新たな自分を発見する過程を通して、若々しい魂を保ち続けましょう。