会いたいと思われるテレフォンセックス

テレクラでは、顔が見えないというのはこちら側だけではなく、テレフォンセックスをしている女性の側も同じです。

あなたは、テレフォンセックスをしながら、顔を知らない女性に対して「会いたい」と思うわけです。

ですが、相手の女性が、顔が見えないあなたに「会いたい」と感じることがなければ、出会いが成立することはありません。

では、「会いたい」と一方的に思うのではなく、相手に「会いたい」と思われるにはどうしたらよいのでしょうか。

テレフォンセックスをしながら姿が見えない相手に「会いたい」と自分が感じたときの気持ち、そう感じた瞬間がどのようなきっかけで訪れたかをゆっくり思い出してみましょう。

あなたが「会いたい」と感じたときに、相手が何をしてくれたのか、どのような会話の流れがあったのか、を回想しながら、今度は、その感覚を相手に与えるにはどうしたらいいか、を考えていきましょう。

テレフォンセックスは出会いのヒントの宝庫

テレクラでのテレフォンセックスの一回一回に、女の子と出会うためのヒントが隠されています。

今回はなぜ出会えなかったのか(あるいは、なぜ出会えたのか)、と、毎回のテレフォンセックス後に反省をして考え直すクセをつけましょう。

もちろん、テレクラは、同じことをやっていれば必ず出会えるという確実な必勝テクニックがない、毎回が真剣勝負の世界です。

真剣勝負の場だからこそ、考えるよりも早く、反射的に相手に「この人に会ってみたい」と女性に思ってもらえるような、その場その場での対応のテクニックは有効になってきます。

そのテクニックを持っているのと、持っていないのでは、出会いの確率が変わってきます。

ひとつひとつのテレフォンセックスを大事にしましょう。